どう選ぶ?犬の散歩代行サービスの選び方と料金相場について解説

この記事では「犬の散歩代行サービスの選び方」について詳しく解説しています。また「散歩代行の相場 」、「サービスを依頼するメリットデメリット 」についても解説しています。

飼い犬の散歩ができないという時に役立つ「散歩代行サービス」ですが、その選び方はご存知でしょうか。実を言うと、知らないという人の中にはトラブルに巻き込まれる方もいます。そこで今回は「犬の散歩代行サービスの選び方」を中心に解説していきます。

犬の散歩代行サービスとは

犬の散歩代行サービスとはその名の通り「散歩を代行する」というものです。もともとアメリカなどで主流だったものが、近年のペットブームが起因で日本でも流行りつつあります。地域差はありますが、都市部では特に業者が増えてきています。

犬の散歩代行サービスの選び方

犬の散歩代行サービスは「利用経験がある」という方がまだ少ないため、その選び方も知られていません。

そのため、ここでは選び方のポイントとして
・飼い犬の大きさがどの程度か
・万が一トラブルが起きた際の対応が可能か
・スタッフが資格を持っているのか
・料金体系が分かりやすいか
・口コミ評価は高いか
以上5つを順に紹介していきます。

これらのポイントに注意しなければトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、しっかり確認してください。

飼い犬の大きさがどの程度か

選び方のポイント1つ目は「飼い犬の大きさがどの程度か 」です。散歩代行サービスを利用する場合には飼い犬の大きさは非常に重要となります。なぜなら、大きい犬の散歩には「体力や経験」が必要だからです。また、引っ張りグセのある子も同様に体力などが必要となります。

こうした場合には、経験豊富なシッターや男性シッターがいる散歩代行サービスを利用するのがおすすめです。飼い犬次第で業者を選ぶ工夫をすると、トラブルも少なく済み「飼い犬と飼い主」両方のストレスが軽減されますので、検討の際には気にしてみてください。

万が一トラブルが起きた際の対応が可能か

選び方のポイント2つ目は「万が一トラブルが起きた際の対応が可能か 」です。散歩代行サービスでは、まれにトラブルが起こることもあります。

具体的には
・「クラクションに驚いて犬が逃げてしまった」
・「犬の様子が変わった」
などという場合です。

こうしたとき、すぐに対応できないと愛犬が危険にさらされかねません。そのため、万が一を考え「迅速な対応が可能か」というのを聞いてみるのはおすすめです。

スタッフが資格を持っているのか

選び方のポイント3つ目は「スタッフが資格を持っているのか 」です。例えば
・ペットシッター士
・ドッグシッター士
といった資格です。有資格者の場合、知識や経験が豊富であることが多く安心して愛犬の身を預けることができます。

散歩代行サービスで働く場合には資格が必須ではないため、中には無資格者ももちろんいます。無資格なのが悪いわけではありませんが、愛犬の命を短時間でも預けるわけなので、資格の有無で業者を選ぶのは有効と言えます。

料金体系が分かりやすいか

選び方のポイント4つ目は「料金体系が分かりやすいか 」です。料金体系が分かりにくい場合には、あとでトラブルになることもあります。例えば「自分の確認した金額と違っている」などです。金銭トラブルは解決が非常に難しく、尾を引くため注意しましょう。

基本的には公式サイトで料金を確認し、わかりにくければ避けることをおすすめします。また、気になる場合には「問い合わせフォーム」などで聞いてみるというのも1つの手です。

口コミ評価は高いか

選び方のポイント5つ目は「口コミ評価は高いか 」です。散歩代行サービスで一番重要なのは「業者を信頼できるかどうか」です。そのため、実際に利用した方の口コミ評価などは重要なポイントとなります。

口コミ評価を確認する際には
・実際の業者の仕事に対する満足度
・派遣されたシッターの人柄
といった点に注目するのがおすすめです。他に「同業他社の口コミと比較する」という方法もおすすめですので、散歩代行サービスを探す際にはぜひ口コミ評価に注目してください。

以上5つのポイントを紹介しましたが「いまいち散歩代行サービス業者の選び方が分からない」という方は多いと思います。そんな時おすすめな業者が「オリーブシッター」です。

以上5つのポイントをすべて満たしているうえ、シッターは全員プロです。シッターの名前と顔写真、ひとことや保有資格も公式サイトから見られるため、安心して依頼できます。業者選びに迷う方はぜひ検討してみてください。

散歩代行サービス料金の相場

散歩代行サービス料金の相場は以下の表のとおりです。


散歩を依頼する飼い犬の大きさ 料金の目安
散歩を依頼する飼い犬が小型犬の場合 約2,000円~
散歩を依頼する飼い犬が中型犬の場合 約2,300円~
散歩を依頼する飼い犬が大型犬の場合 約2,500円~

ただし、注意してほしい点が1つあり、それはこの相場があくまで「散歩代行サービス単体の相場」である点です。なぜなら、散歩代行のみではなく「散歩代行サービス+ほかのサービス」をセットで提供している業者も多いため、料金相場が一概に適用できないからです。

もし「余分なサービスにお金を払いたくない」ということであれば上記で紹介した「オリーブシッター」がおすすめです。オリーブシッターでは「サービス内容をオーダーメイドすること」が可能であるため、必要のないサービスにお金を割く必要もなく無駄がないため、おすすめですよ。

シッターにサービスを依頼する際のメリットデメリット

一般的なペットシッターに散歩代行サービスを依頼する場合は、基本的に他サービスをセットにすることが多いです。そのため、ここでは
・「シッターの散歩代行サービスを利用するメリットデメリット」
・「シッターのその他サービスを利用するメリットデメリット」
について紹介していきます。

シッターの散歩代行サービスを利用するメリットデメリット

メリット

・飼い犬のストレスを散歩で解消できる
・散歩に連れて行ってあげられない罪悪感がなくなる
・移動がいらないため、飼い犬と飼い主の手間が少ない

ペットシッターの場合、ペットホテルと違い自宅でサービスを受けるため、移動の手間がなく忙しい方にもおすすめです。

デメリット

・地域によってはまだ普及していない場合がある
・ペットシッターは自宅に呼ぶため、カギを預ける必要がある

上記の通り、ペットシッターは自宅から散歩に行ってもらうため、カギを預ける必要があります。そのため、信頼できる業者を精査するようにしましょう。

シッターのその他サービスを利用するメリットデメリット

メリット

・家事代行やケージの掃除など、雑務もお願いできる
・飼い犬が1人になる時間を減らせる

ペットシッターの中には「家事系の資格」を有している方もおり、プロに掃除を依頼したり家事代行をしてもらえたりします。また、シッターに雑務を依頼すると在宅してくれる時間も必然的に延びるため、飼い犬が1人になる時間が少なく済みます。

デメリット

・サービスや業者によっては値が張る

ペットシッターはサービス内容や価格が業者によってまちまちです。そのため、事前にしっかりと「依頼したい業者の情報」を調べておきましょう。

まとめ

「犬の散歩代行サービスの選び方」については、お分かりいただけたでしょうか。恐らく「初めて頼む」という方は、戸惑いで頭がいっぱいかと思います。もし業者選びに迷ったら、上記でも紹介した「オリーブシッター」を利用してみてください。